当院使用医療機器

電子カルテシステム:REMORA

すべての検査器械と連動しており、
画面を見ながらの説明が可能です。

1F診察室

スリットランプ:SL-130(CarlZeiss)

細い光を眼に当てて主に眼の表面(結膜〜角膜)
水晶体、硝子体、網膜などを細かく検査します。

1F診察室

光干渉断層計: RS-3000(NIDEK)

近年登場した画期的な診断機器です。
一般にOCTといいます。
網膜の断層像を光干渉作用で撮影する装置で
非侵襲的に、黄斑疾患や網膜疾患、
緑内障の検査が行えます。

1F検査室

眼底カメラ:VX-20α(Kowa)

眼底のカラー写真や蛍光色素(フルオレセイン)
を用いた蛍光眼底造影検査に用います。
様々な網膜症や黄班症の状態を把握する
ことが可能です。

1F暗室

光干渉式眼軸長測定装置:AL-Scan(NIDEK)

白内障手術の際、
眼内レンズの度数計算に必要な眼軸長を
測定します。

1F検査室

自動視野計:ハンフリー自動視野計(Carl Zeiss)

自動で視野検査をする器械です。
視野異常を来す疾患、特に緑内障で精密検査、
経過観察に用いられます。

1F暗室

イエロー/レッドカラー レーザー 光凝固装置:インテグラ プロ (ellex)

眼底の治療(網膜剥離や糖尿病網膜症など)に用いるレーザー装置です。
イエロー波長は、従来のグリーン波長に比べて水晶体の濁りに対して透過性に優れ、また酸化ヘモグロビンや網膜色素上皮に対して吸収率が高く、PRP以外にも黄斑部を含めた幅広い疾患部位に対応するレーザー波長です。
レッド波長は、他の波長に比べ散乱が非常に少なく、白濁した角膜や水晶体に対しても透過性に優れ、特に硝子体出血や脈絡膜深部へのレーザー治療に有効です。

1F暗室

角膜内皮細胞撮影装置:スペキュラーマイクロスコープ(コーナン)

白内障手術などの内眼手術によって影響を受ける
角膜内皮細胞を検査する機器です。また、コンタ
クトレンズの装用状況での酸素欠乏等の症状を診
断にも使います。

2F検査室

当院使用 手術機器

手術顕微鏡:OPMI Lumera 700、眼底観察システム Resigt(CarlZeiss)

Zeiss社のLumera700は現在使用されている手術顕微鏡のなかで最新で最上位機種にあたります。手術に際しての見え方の評価が非常に高く、多くの大学病院や総合病院で導入されています。また、特に網膜硝子体手術用に、広角眼底観察システム(Wide Angle Viewing System)であるResightを設置したため、より低侵襲で安全な手術が可能です。

3F手術室

白内障手術:インフィニティRビジョンシステム(Alcon)

インフィニティ®ビジョンシステムは2003年に発売され、白内障手術機械として現在世界中で最も多く使用されています。鋭敏なセンサー技術と 、きわめて優れた応答性を持つポンプを搭載することにより、術中サージの発生程度時間を最小限に抑制し、安全確保が容易で効率性の高い白内障手術が可能になります。また手術の流れによりカスタマイズできるインターフェースと、人間工学を考慮したデザインにより、装置の使い勝手に対するストレスを感じることなく白内障手術を行うことが可能です.

3F手術室

硝子体手術:Accurus(アキュラスR) (Alcon)Xenon BrightStar(キセノン ブライトスター) (Dorc)Ultra Speed Transformer(Dorc)

網膜硝子体手術装置アキュラスは、世界で最も普及した硝子体手術機器で、信頼性も高いことが評価されています。硝子体切除術を効率的に実施でき、また網膜近傍部の切除においては牽引を低減することで手術の安全性・安定性の確保を容易にします。また先進的な極小切開硝子体手術にも対応しており、より低侵襲な網膜硝子体手術の実施が可能です。
これにドルク社のUltra Speed Transformerを加えることにより、硝子体カッターを高回転化し、より手術の安全性を高めることができます。 また、ドルク社キセノン ブライトスター光源装置は、新世代の高輝度白色光照明により、小口径ファイバー使用時の術中視認性を向上させます。

3F手術室

石ア眼科

一般眼科診療、コンタクトレンズ処方、日帰り白内障、硝子体手術などを行っております。
TEL:0742-26-2091 FAX:0742-22-8894
〒630-8226 奈良市小西町21-2
コンタクトレンズ専用 TEL:0120-834-113

眼科問診票
こちらの問診票を印刷し、
受付時にご提出ください。
→ 小学生以下の方はこちら

受付診察時間

1F一般外来

一般外来診察時間

休診日 木曜・日曜・祝日
電 話 0742-26-2091

2Fコンタクトレンズ外来

コンタクトレンズ外来診察時間

初めての方は
受付終了の30分前まで


休診日 木曜
電 話 0120-834-113
(コンタクト専用)