白内障手術

白内障とは

白内障とは、眼の中の水晶体(レンズ)が濁る病気です。

水晶体(レンズ)が濁ると、光の通り道がさえぎられます。
白内障の症状には
・遠くも近くもかすんでみえる
・メガネやコンタクトをしても十分見えない
・ぼやけて何重にも見える
・まぶしい
などがあります。

白内障手術について

白内障手術は、眼の中の濁った水晶体を取り除き、代わりになる人工のレンズを入れる手術です。

まず目薬の麻酔を充分にします。目薬がきいた状態で注射の麻酔をしますので、麻酔での痛みはほとんどありません。

白内障手術について手術は、黒目の上に数ミリの傷口をつくり、そこから機械をいれて水晶体の中身を砕いて吸い出します。
水晶体を吸い出すとき、周りの薄皮を一枚残し、中身だけを吸い出します。

そして残った袋の中に眼内レンズを固定します。

白内障手術について

当院の白内障手術について

当院の白内障手術は、みなさまに安心して手術を受けていただくために、専門のスタッフを常置し、最新の手術機械を使用しております。

当院での手術は日帰りのみとなりますが、入院での手術を希望される方には入院設備のある病院で手術を受けていただくことが可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。


硝子体手術

硝子体とは

硝子体とは

硝子体とは水晶体の後方の眼球内を満たしているゼリー状の物質で、眼球の中身の大部分を占めています。
この硝子体が年齢の変化などで網膜を引っ張ってさまざまな病気を起こす原因となったり、出血や濁りが混ざると見え方の邪魔になります。

硝子体手術とは

硝子体手術とは硝子体が原因となっている病気の治療のために硝子体を取り除く手術です。具体的には、硝子体出血、糖尿病網膜症、黄斑上膜、黄斑円孔、網膜剥離などの病気が対象となります。ただし、手術が必要かどうかは病状によりますので、これらの病気でも硝子体手術が必要とは限りません。

硝子体手術の方法

  1. まず目薬の麻酔を充分にします。目薬がきいた状態で注射の麻酔をしますので、麻酔での痛みはほとんどありません。麻酔の効き目が不十分な場合には随時追加可能です。
  2. 白目に0.5mmの小さな穴を4ヵ所あけ、そこから硝子体を取り除くためのカッター、眼内を照らすための照明などの細い器具を挿入します。
    硝子体手術の方法
  3. 病気の状態によっては術後眼内に空気もしくはガスを注入することがあり、その場合には術後うつむき姿勢をする必要があります。

当院の硝子体手術について

当院の硝子体手術は、みなさまに安心して手術を受けていただくために、最新の手術機械を使用しており、従来の手術よりも手術時間が短縮、術後炎症が軽減し、通院での手術も可能となりました。

ただし、病状によっては入院での手術が必要となる場合もあり、その際には入院設備のある病院で手術を受けていただくことも可能です。

石ア眼科

一般眼科診療、コンタクトレンズ処方、日帰り白内障、硝子体手術などを行っております。
TEL:0742-26-2091 FAX:0742-22-8894
〒630-8226 奈良市小西町21-2
コンタクトレンズ専用 TEL:0120-834-113

眼科問診票
こちらの問診票を印刷し、
受付時にご提出ください。
→ 小学生以下の方はこちら

受付診察時間

1F一般外来

一般外来診察時間

休診日 木曜・日曜・祝日
電 話 0742-26-2091

2Fコンタクトレンズ外来

コンタクトレンズ外来診察時間

初めての方は
受付終了の30分前まで


休診日 木曜
電 話 0120-834-113
(コンタクト専用)